日本救護救急学会は「2020年東京オリンピック・パラリンピックに係る救急・災害医療体制を検討する学術連合体(AC2020)」に加盟し、東京2020オリンピック・パラリンピックの医療救護を担当するメディカルスタッフ・ボランティアへのファーストエイド教育を担当しました。

 

日本救護救急学会では、誰もがファーストエイドができる社会になることを願って、今回作成しましたファーストエイドの資料を東京2020オリンピック・パラリンピックのレガシーとして、公開してします。

 

ぜひ、ご活用をお願いします。なお、使用する際は下記のルールをお守りください。


 

日本救護救急学会のコンテンツ・資料を使用する際のルール

  1. 使用に際し、許諾は不要です。
  2. 無料で使用可能です。
  3. 使用する際はクレジット表記をお願いします。
    記載方法:©️一般社団法人日本救護救急学会
  4. 商用利用はできません。
  5. 使用のルールは使用者に連絡せずに変更することがあります。

東京2020オリンピック・パラリンピック大会

 

ボランティア対象ファーストエイド オンデマンド講習用資料


手 記

東京 2020 オリンピック・パラリンピックに向けたファーストエイド教育

 

喜熨斗 智也(KINOSHI TOMOYA )

 一般社団法人日本救護救急学会 理事/オリンピック・パラリンピック委員会委員

 国士舘大学大学院救急システム研究科 准教授


マスギャザリング医療対応ガイドブック

※本資料は2020年東京オリンピック・パラリンピックに係る救急・災害医療体制を検討する学術連合体(AC2020)が提供しています。