ファーストレスポンダーコースの目標

日本救護救急学会で行うファーストレスポンダー認定コースにはベーシック標準コース、ベーシック短縮コース、アドバンスコースがある。コースの到達目標と指導内容を示す。

1)一般目標(GIO)

(1)         外因性や内因性にこだわらず適切なファーストエイドが実施できる。

(2)         AEDを含むCPRとファーストエイド処置が確実に実施できること。

(3)         安全な場所に適切な方法で移送(搬送)ができること。

(4)         メディカルコントロールの概念を理解し実践できること

(5)         ファーストエイドの法的責任を理解しバイスタンダーに適切な対応ができる.

2)到達目標(SBO)

(1)        けがや急病傷病者の状況を適切に把握できること

(2)        バイタルサインの把握と全身の観察(初期評価・全身観察)ができる

(3)        創処置・止血処置ができること、また必要に応じてターニケットを用いた緊縛止血法が

      実施できること。

(4)        捻挫や骨折の固定・頸椎の固定について実施できること

(5)        熱中症の症状を理解し、重症度の判定と初期対応ができること。

(6)        徒手搬送・担架搬送が実施できること。

(7)        適切な心肺蘇生とAEDを実施できること

(8)        窒息の対応ができること

(9)        アナフィラキシーの対応ができること

3)実技指導内容

(1)       CPRとAED,窒息の対応と処置

(2)       止血法:直接圧迫止血法緊縛と止血法(ターニケット)

(3)       創処置:創被覆・捻挫や骨折の固定・頸椎の固定

(4)       熱中症の初期対応:状況評価・初期評価・全身観察・バイタルサイン・重症度評価、

    冷却(簡易冷却)補水・補液(経口)

(5)       搬送(徒手・担架):ワンマンドラッグ・フロントバックキャリー

(6)       アナフィラキシーの対応、心不全や呼吸不全・意識障害への対応

(7)       頭部外傷・頸椎外傷・胸腹部外傷などの対応


ベーシックコース

ベーシック標準コースとベーシック短縮コースがある。

(1)ベーシックコース開催要件

ベーシック標準コースではおむね480分程度で実施する

ベーシック短縮コースでは、E-learningの併用、CPRやFA機材の数、インストラクター数によっては時間を200分程度まで短縮することが可能である。

 

(2)コースにおける指導スタッフの構成

コースメディカルディレクター:1名(医学的質の評価)またはコースコーデ

ィネーター:1名(時間管理および質の評価)がいること。

インストラクター:受講者2-6名/あたり1名の指導者配置が望ましい。

短縮コースなどで時間などの制限がある際には、上記人数比にこだわらず

マストレーニングも可能である。インストラクター補助者は1班に1名程度

 

(3)コース受講人数 

12名から24名程度を原則とする

コース対象者は一般市民、ボランティアスタッフ・救護スタッフ、自衛隊員

警察官、海上保安官、介護士、社会福祉士、ケアマネージャー、病院職員、学

校教職員(養護教諭を含む)、保育士、駅員、警備員、ライフセーバー、登山ガイ

ド、スポーツインストラクター、スキーパトロール、消防団など)等とする。

 

(4)プログラム構成

講習時間に応じて別紙1(標準コース)や別紙2(短縮コース)などを参照して実施されたい。講習にあたっては、適当なサイズの講義室と上記の手技やシミュレーションが実施できる場所が必要(10mx5m程度)である。


アドバンスコース

特定のタスク、より高度な処置や判断を必要とするさまざまなファーストレスポンダーに対して知っておかなければならないファーストエイド処置を学ぶコース

 

(1)アドバンスコース開催要件

アドバンスコースは所定の座学および実技をベーシックコース内容を含み

おおむね16時間程度で実施する。

 

(2)コースにおける指導スタッフの構成

コースメディカルディレクター:1名(医学的質の評価)および

コースコーディネーター:1名(時間管理および質の評価)の2名いること。

インストラクター:受講者2-6名/あたり1名の指導者配置が望ましい。   

インストラクター補助者は:1班に1名程度

 

(3)コース受講人数

12名から最大36名程度を原則とする。コース対象者は一般ボランティアスタッフ・救護スタッフ、アスレチックトレーナー、ライフセーバー等である。

 

(4)プログラム構成

 適当なサイズの講義室と上記の手技やシミュレーションが実施できる、

一班あたり(10ⅿX10ⅿ)場所を用意すること


コース開催の流れ


インストラクター認定制度